2006年07月25日

米国美術大学留学 その1

エジプトに旅行をしていて更新が遅れてしまいました。。
イスラム教圏を旅行するのは始めてでしたが、絶対的は神のもとに生活をしているイスラム教の人々はとても素朴で正直でした。滞在期間中にイスラエルのレバノン侵攻があり、宗教というものの奥深さと影響の大きさを感じて帰国しました。

さて、私が米国の美術大学へ入学した経過を簡単に説明します。
まず、高校時代に日本美術大学への入学を目指してアトリエに通い日々デッサンを学んでいました。私は東北地方の出身ですので、地元のデッサンを教えてくれる教室自体決して多くなく、毎日「これでいいのか??東京の人と受験で競る際、不足ではないのか??」「学びたい学科は何なのか?」などのたくさんの??を胸に過ごしていました。と、同時に小さなころから海外での生活にあこがれていたのもあった為、よく留学雑誌などを購入しで海外留学への道も模索していました。

そんな中、自身の語学力を試す為にTOEFLという語学テストを受けました。(現在はTOEICが有名ですが、海外の大学を目指す場合に大学から提出を求められるのはいまだにこのTOEFLです。)結果は380点と散々足るもので、どの大学お入学基準も満たせない状況でした。

美術系学科はTOEFLの評定基準が他学科よりも低く比較的入りやすい。入学の段階でポートフォリオの提出を求められえる大学はほとんどない、という点を確認し本格的に米美術大学進学への道を検討しはじめました。

それでも高校卒業と同時に必要TOEFL点(通常500点〜600点)を満たす自信がなかったために語学学校を併設した美術課を含む総合大学を探し始めたのです。カリフォルニア、ニューヨークの総合大学やパーソンズなども調べたのですがまずは授業料の高さ(私の卒業したテキサスの大学の2倍の授業料でした!)と生活費の高さが州によりかなりの差があることに気づき、授業料が安く生活費も安くすむがある程度認められた総合大学を探しました。結果、テキサスの大学への進学を決め渡航準備に入りました。そんな中、同じテキサス州内の大学が日本校を開設していたのを知り、そこで英会話や文法などの勉強をするために通いながら準備を進めました。

その学校ではある程度の語学基準を満たせば、英語の文法・英会話等細かく分かれた基準を全てクリアせずとも実際の米大学で利用できる学科の単位が取得でき、その単位も私の希望していた大学で利用できるとのことだったので、ひとまず入学。
晴れてアメリカの大学の大学生(仮)となったのです。(実際に渡米したのはその1年後)

結局、米大学入学の時点で学科を決めなくても、卒業までに必要な単位の中では数学・物理・国語等の必須科目も多くあるため最初の1年間はその必須単位だけをとり、その間に実際学びたい専攻を決めていけばよいので日本のように入学時点で専攻科目の決定をする必要はありません。最終的に単位を取り始めたときのTOEFLの点数は約420点程度。実際の授業の中で単語は増えていきますし、なにより実際会話をすることで語学力は飛躍的に伸びていきます。習うより慣れろです。

入学手続きはさほど難しいことはありません。高校の卒業証明書などの必要書類を英文で取得しなければなりませんが、留学斡旋機関を通し高い費用を払わずとも自分で十分できるものです。何よりも考えなければならないのは入学したい美術学校が総合大学内にあるのか、パーソンズのように美術のみの専門学校なのかその点をはっきりさせておくことが重要です。それによって入学後、どのようなことを学べるかに違いが生じてきますし、入学時点での審査基準も違います。パーソンズのような専門学校は入学時点でポートフォリオの提出を求められ、入学基準の難易度も高く専門性を求めるには適しています。ただ、周りにはアートを将来の仕事として考えている生徒や留学生も多い為、通常の総合大学で味わえるような様々な価値観をもった人間に会える機会は少ないかもしれません。
posted by takita at 07:33| Comment(0) | TrackBack(0) | school | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月09日

アメリカの美術大学

もっと金銭的にも、精神的にも自由な環境で絵を描きたい!
そう思うアーティストも多いはずです。

私自身ギャラリーで勤務していますが、日本で絵を描き続けるのがどれほど大変なことか、ギャラリーの運営もままならない日本の環境のなかでアーティストが特に金銭的な余裕をもって描き続けるのはとても難しく、大変なことだと思います。その上、毎月、毎日の画材代を考えることなく制作に打ち込めるようになれる成功者はごくわずか。そう考える精神的圧迫だけでも大変な労力です。

そんな中、描き続けているわずかな仲間達も序々に1人、2人と普通に就職していくのです。描くという作業がいくら孤独で自分と向き合うものだと分かっていても「このままでよいのか・・」という目の前の不安を完全に払拭するのは難しい環境になっていきます。

じゃ、アメリカや海外ではアーティストはどのように活動しているのか?
どのような環境で描いているのか?

まずは、私自身の経験をもとにアメリカの美術大学がどんなところか、そしてその入学方法や暮らしぶりなどを紹介していこうと思います。

そしてその中から、アーティストがどのように生活しているのか、また社会的にどのように評価されているのかのわずかでも感じていただければと思います。
posted by takita at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | school | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月08日

アーティストであり、アート評論家であるということ 〜その2〜

私の絵に関して言えば、それらの絵は正確には私のものではありません。私の妻でモザイクアーティストであるEmma Biggsとの50%づつのコラボレーションです。絵は私が描きますが、レイアウトや色の構成などは私の妻の担当です。常に50%の対等な関係で、その担当が代わることはありません。私の妻が絵を描くことはありませんし、私は彼女の配色に関して決して口出すことはありません。私はよく、絵のある部分に関してなぜ、そのように描かれているのかきちんと理解せずに描くことがあります。そして、そのなぜの答えが描き終わったはるか後に「Logic」として結びつくのです。

絵は「idea」ではなく真の「visual」なものであるので、「Logic」は語弊を招く言葉かもしれません。しかしその一方ではvisual intelligenceという言葉もあります。私たちは焦点をあてたり、内から光あてたりなど、どのように絵をよく見せるかを考えます。私たちの狙いは、緻密に構成された中世のフレスコ画のように絵を描くことです。そして、その絵の中から見つけ出した本当の絵の価値を文章で具現化するこで視的価値の重要さと結びつけるのです。

私は絵を描くということに関して、あまり自分の考えからかけ離れないようにしています。以前、修士課程を学ぶために大学へ戻った時、教授から違うアイディアを重ねていくのではなく、アイディアを考え抜くようにというアドバイスを受けました。しかし、その結果そのアイディアはだんだんと溶け出していきました。それはもしかしたら、私の評論家としてのものの見方のせいで、様々な可能性を取り入れすぎた結果だからかもしれません。それからは自分の絵に関してどのように評価するかの判断は他人に委ねることにしたのです。

批評家にどのように判断されるのか、怖くないのか?もちろん!私は、自分自身に対する素晴らしい批評を何度も何度も心の中で繰り返しています。「アート界の異端児!力強く、世界中が納得する作品。Emma Biggsの繊細な色使いと Coliingの
目を見張る大胆な発想。その2つか溶け合ってアート界に旋風をおこす!!素晴らしい!」

現実は痛みを伴うものかも知れません。でも、その分まだ夢を見つづけることができるのです。私の絵の部分から批評部分が削ぎ落とされて始めて本当のアーティストになったような気がします。


6/14 Times On Lineより
Matthew Collings 著
posted by takita at 05:08| Comment(0) | TrackBack(0) | news | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月20日

アーティストであり、アート評論家であるということ 〜その1〜

長い間、わたしはアーティストとアート評論家としての二重生活を送ってきました。約30年間アート評論家として執筆活動を行い、その一方でアーティストとしてスタジオで作品を制作し続け、個展も行っています。先週もBond Streetのギャラリーで抽象画の個展がオープンしたばかり。ギャラリーの窓には私の名前が張られており、ほとんどの作品は既に売却されました。どうしてこのようなことが可能なのか?片方の技術がもう片方を刺激するのか?それとも・・

事実、私は少々特異なアート評論家です。最近、月1回コラムを書いているアート雑誌 "Modern Painters"の中で、「2100万の人々は間違っている。」というタイトルのコラムを書きました。この記事の内容はTate Modernでの成功を手伝った最初の5年間について書いてものです。私は、1970年代に絵画を学ぶ為に美術学校に通っい、だんだんと現代アートの世界に引き込まれていき、絵を描いて生きていこうと心に決めていました。しかし、一方では批評もしたかったのです。しかし、私は自分自身が退屈な世界に身をを置いている現実に気が付いたのです。それは、さほど魅力的ではないオブジェをさも興味のあるように眺める世界、また、閉鎖的なアート評で正当化するだけの世界。私の文章は、常々「酷い」「滑稽だ」「極論」などとの酷評を受けてきた。

作品の描写はほどほどに、そして、明確なコメントと共に、ジョークで人々の気持ちを傷つける。これが私のスタイルですが、ただ感情の放出をしている訳ではありません。最終的な目的はあくまでも、アートの裏側を伝えること。ただ表面上の描写だけではなく、アート自体が何を訴えかけているのか、また、アートの繊細な表現を伝えることです。アートに関して知識のない人々や興味のない人々に、できるだけ分かりやすくアートの良さを伝えたい、これが私の願いです。多くの人々にとってアーティストというのは、シリ・ハストベットの小説に出てくるような世界に住んでいると思っているようです。美しいモデルを見て、インスピレーションを受ける。そして、何故かその美しいモデルを一夜を共にする・・そして、その後発表される作品では、その人生における複雑な心情を表している。。それに対する私の見解は、「そんなことがあるかもしれない。ただし、私は全く経験したことがない」でした。

6/14 Times On Lineより
Matthew Collings

posted by takita at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | news | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月19日

カナダのアートコレクターKenneth Thomson

最近カナダでは、Kennet Thomsonの死によるカナダのアートシーンへの影響の大きさが懸念されている。Kenneth Roy Thomsonはカナダ一の資産家であり、とても活動的なアートコレクターだった。元Thomson Corpの会長であるThomson氏は、6月12日に彼のオフィスにて心臓発作で死亡した。彼はカナダのArt Gallery of Ontarioの重要な後援者であり、また、北米最大のアートコレクターでもあった。彼のコレクションには、「Group of Seven」の作家からカナダのアーティスト、重要なヨーロッオパの作品も含まれている。最近注目された購入として、2002年にSotheby'sのオークションで$77mで落札された、Peter Paul Rubensの「The Massacre of the Innocents」がある。

このThomsonの死によって、今後のアート市場の展望はどうなるのか?「私は、今回の死により、アート市場のハイエンドには確実に多大な影響が出ると信じている。また、それと同時にローエンドにも影響がでる。例えは、彼の死以前は$1.5m〜$2mまで上がると予測された作品は、今後$500,000〜$600,000までの値になるだろう。そうなれば、$50,000〜$100,000の作品はどうなるのか?」とWestbridge氏は述べる。また、「今後、彼の変わりになるような人物が現れないとなれば、値段は後退するだろう。」ともの述べている。
posted by takita at 01:00| Comment(1) | TrackBack(0) | news | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月18日

イギリスロイヤルアカデミーの失態!?

イギリスのRoyal Academy of Artでは、スレート版の上に小さな木が乗せられていたものをアート作品と勘違いして飾っていたことが明らかになった。このスレート版と木のスティック状のものは、イギリスの彫刻家Davis Henselによって制作された笑う人間の頭を支える役割を果たすためのもので、作品ではない。この作品は、毎年夏に開催されている公募展に応募されたもので、Royal Academyに送られてきたときには、頭の部分と、それを支えるスレート部分は別々に郵送されてきていた。それを、作品と勘違いして展示してしまったというわけだ。

”これらは別々の作品として審査されました。その結果、頭の部分は残念ながら審査を通りませんでしたが、ベース部分は評価に値する作品であった為に審査を通過しました。”とRoyal Academy側は述べている。

しかしDavis Hensel氏はこの結果に少々困惑気味だ。Hensel氏は
”今回の一連のやり取りの中で、Academyの特異な体質を見たような気がする。それは審査員の「目」のみならず、その作品というものに対する認識の薄さである。”と述べている。

この頭部の彫刻はHensel氏が2ヶ月をかけて制作したものだが、台座の部分は1日で完成したという。”台座部分が作品として見られることは素晴らしことだが、私自身、この台座を彫刻作品として考えたことは一度もない。”と、現在イギリス南部のUniversity College in Chichesterで教鞭をとっているHensel氏は言う。また、”今回のことで、『アートとは何か?』ということを、たくさんの人に考えてもらう良い機会になったことは歓迎すべき点だ”とも述べている。


天下のRoyal Academyでもこんな間違いを起こしてしまうんですね。どのように素晴らしい台座だったのか見てみたいです。絵そのものよりも額のほうが素晴らしいということもあるので、それと似た感覚でしょうか?それにしても、台座自体は粗雑なものだとは思いますが・・また、そこが評価された点だったのでしょうか?

作品を別々に郵送したから、分からなかったということは、データをきちんと管理できていなかったということにも繋がるような気がします。もし、それが本当なら、大切な作品を預かり管理する姿勢としては最悪ですね。
posted by takita at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | museum | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月14日

公募展参加者募集【International Assemblage Exhibition 公募展】

Gallery twenty-fourが主催するInternational Assemblage Artist Exhibitionは2003年からベルリンで開催されており、そのルートはベルリンのアートシーンに多大な影響を与えた20世紀初頭のDADAやConstructivistに遡る。

■募集要項
今回で第4回目となるこの公募展では、3Dとコラージュの作品と制作するアーティストを対象としている。

・この公募展では参加アーティストの中かから35〜50名が選考される。
・公募展は2006年9月27日〜10月24日まで開催される。
・選考作品はhttp://www.assemblageart.de/サイト上で1年間掲載される。
・1位の作品には1000.00ユーロ、2位は600.00ユーロ、3位は400.00ユーロの賞金が授与される。
・1位に選ばれた作品は、賞金に加え2007年度のGallery twenty-four(ベルリン)の展示スケジュールに加えられる。
・1・2・3位を含む選出されたアーティストは、Gallery twenty-four(パリ)で行われる表彰式に参加できる。
・この公募展は3D作品を扱うすべてのアーティストに参加資格がある。
・参加費:45.00ユーロの参加費用で5作品(写真または.jpegファイル)提出可能。
・5作品を超える場合には追加作品ごとに5.00ユーロがかかる。
・受賞可否に関わらず、参加費は返金しません。
・参加費の支払はEuroのPaypal払いか、指定銀行への電子送金となります。
・公募展での審査で利用される目的の作品画像のみ提出してください。
・チェックでの支払はご遠慮ください。
・作品販売時には、アーティストが提示した販売金額の75%が支払われます。
・Gallery twenty-fourでは、通常の展覧会同様の広報活動やマーケティングを行います。
・郵送&保管に関して:受賞者はGallery twenty-fourの指示に従い、作品の郵送や保管を行っていただきます。
・選考作品は公募展のカタログ作成に利用される場合があるので、解凍度300dpiのデジタル画像をご用意ください。
・最終受付は2006年8月1日締め切りとなります。受賞者の発表は2006年8月15日または、それ以前となります。


■登録方法
@郵送
PDFで応募用紙をダウンロードし、必要事項を記入の上写真をを添付し
下記宛てに郵送する。

GALLERY twenty-four / B E R L I N,
Krossener Strasse 34, 10245 Berlin

Aオンライン
必要事項を記入し、最後に表示される写真のアイコンをクリックすると、このようなPaypalの支払表示がでる。
上から、
@45.00ユーロの参加費用と5%Paypal利用チャージ
A追加作品1点に付き5.00ユーロの追加料金。追加作品分数を右記に記載。5%のPaypal利用チャージ。
B郵送画像の返信を希望する場合はここにチェックマークをいれる。5.00ユーロの返信用切手代+5%Paypal利用チャージされる。


公募展の参加費用支払方法として、もっとも利用されているのがこのPaypalという方法ですが、登録自体はとても簡単です。クレジットカードさえあれば誰でも登録でき、また、一度登録すればメールアドレスのみでオンライン送金が可能になります。海外の公募展に参加することを考えているアーティストのみなさんは、このpaypal口座を持っていると便利かもしえませんね。


posted by takita at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | competition | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月13日

タカエズトシコ展 〜The Hunterdom Museum of art 〜

The Hunterdon Museum of Artでは、2006年8月までタカエズトシコ展が開催されている。タカエズトシコはハワイで沖縄出身の両親の間に生まれ、日本の生活様式の中で少女時代を送りました。タカエズ氏は50年以上もの間西洋と東洋の美をクレイを通して表現し続け、そのの仕事は「日本の伝統と西洋の美学を融合したもの」として位置づけられています。ミシガン州Cranbrook School of Artでアートを学び始めてから、国内外の美術館やギャラリーで定期的に陶芸作品を発表し続けています。

プリンストン大学の元講師でもある彼女の作品は、Metropolitan Museum of Art in New York, Smithonian Institution, The Museum of Fine Arts in Boston, National Museum in Bankokなどの美術館にもコレクションとして購入されている。これらの名誉に加え、ハワイの人間国宝にも指定されている。
posted by takita at 18:49| Comment(0) | TrackBack(0) | exhibition | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月05日

Your Galleryで実際登録してみる

yourgallery1.jpg

まずは、Your Galleryのサイトにアクセスします。

トップページの赤い枠で囲まれた部分をクリックし、登録画面へと進みます。

yourgallery2.gif

順番に上から記入していきましょう。
(番号を参照してください。)
*のある個所は必ず記入してください。

Tあなたの情報を記入してください。
@ユーザーネーム*
Aパスワード*
Bパスワードを再度入力*
C名*
D姓*
Eあなたの紹介(誕生日と出身地などの短い自己紹介)
Fアーティスト紹介(アーティストとしてのあなたや、あなたの作品の紹介など)
G学歴や過去の展覧会情報
H今後の展覧会情報
Iあなたのホームページへのリンク
Jメールアドレス*

U8作品までアップ可能
K作品のタイトル
L作品イメージの読込み*(jpgで1作品2mb以下のサイズ)
M制作年
N制作媒体(例)キャンバスに油彩(oil on canvas)
Oサイズ(cmで記載して下さい)
P詳細

1作品につき、全ての情報入力が終わったら、右下のAdd another imageをクリックして、次の作品をアップしてください。この作業を繰り返し計8作品掲載することが出来ます。

Vあなた自身の写真をアップできます
Qアーティストの写真(jpgで2mb以下のサイズ)

W下記のRegisterボタンをクリックしてYour Galleryで確認してください。

とても簡単に登録できます。
以前にも述べたように、このサイトが今後どのような方向に向かうのかという不安もありますが、日本のアーティストにとって初めて海外向けに作品を掲載するには適当なサイトなのではないでしょうか?一応名のあるイギリスの現代ギャラリーが主催という点と、登録料が無料という点を考えれば、アーティストにとってとりあえず損することはないでしょう。
posted by takita at 23:29| Comment(4) | TrackBack(0) | exhibition | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月02日

Saatchi Galleryがネットで新たな人材発掘サイトを開設 A

■アーティストの反応
イギリスで活躍している若いアーティストSacha Jafriは、このようにインターネットを利用することで、若いアーティストに及ぼす影響は決して少なくないと述べている。「私の作品は現在比較的高い値段で売買されています。そして、幸運にも個展や展覧会で世界中を回ることができます。しかし、私が駆け出しのアーティストだった数年前、このような手段で作品を見せる場所があったならば、もっと早くこの成功に繋がったでしょう。」Jafriは、Your Galleryや自身のホームページを作品を関係者に披露する為の場所と考えていると語った。

何の制限もなしに作品を追加することが出来るこのYour Galleryのサイトにおいては、取扱う作品の質や対象の幅が学生から、1作品が何百万もするかなりの著名なアーティストまでと、かなりの広範囲に及ぶ。Saatchiのギャラリーの常連で、話題のアーティスト Stella Vine(彼女に関する記事) は、インターネットによって、彼女の作品の未来の購入者やファンとの関係を近づけることができたという。「若いアーティストは自分の作品を見て欲しいと思っている。アートの世界ではいつも間の前でその世界への扉が閉ざされる。Saatchiがその閉ざされた世界に対して新しい空気を吹きこみ始めた。」「私にとっては、90歳のおばあちゃんから可能性を秘めた若い学生たちと共に肩を並べられるのは、光栄なことだと思っている。」と語った。


■ディーラーの反応
Jacobson氏は、多くの砂の中から金を探し出すのは大変なことだが、必ず金の芽は存在すると考えている。「私の作品を見る目は、かなり高度なもの。もし音楽業界に身を置いていたら、ビートルズやカート・コバーンのような才能を見過ごすようなことは稀だと思う。」と述べる。この考えはSaachiにも共通するもので、Saachi氏の貴重なインタビューの中で、このサイトの試みは将来のアーティストを探し出すために、アート界に小さな新しい風穴を通すようなものだと述べている。

Your Gallery では訪問者が作品について意見を述べ、新しい作品制作へと結びつける為に、オンラインのアートマガジンの配信とBLOGの機能を新たに加えた。アーティストはBLOG内で今後の展覧会の情報などを記載している。

Saachi氏が昨年、土地所有者との法廷闘争によりのSouth Bankにあったギャラリーを閉鎖してから、このオンラインギャラリーのプロジェクトは新しく開いたSloane Squareのギャラリー開館への重要な役割を占めていた。このYour GalleryのプロジェクトはPCを所有するだれもが、出版者や情報発信者となれる最新のWEB2.0テクノロジーの1つとして考えることができる。しかし、一方でYoutube.comやGoogle videoを通して、誰もがホームビデオを共有できるように、Your Galleryにとっても最終的な目的をどこの設定し、達成するかの為のフィルターとして存在することかを考えることが重要な課題となってくる。



個人的にYourtube.comはかなりの頻度で利用しています。録画しわすれた番組などがある時、リアルタイムで番組がUPされるのでとても便利です。また、タモリ倶楽部の「空耳アワー」がほぼ全部視聴することができます。個人がYoutubeにUPすることで、何かの利益を得るわけではないにも関わらず,これだけの動画をUPする手間をかけても多数の人が参加している事実を考えると,YourGalleryは明らかに情報を掲載するアーティストにとってのメリットは存在します。今後どのような展開を見せるのか楽しみです。

昨日YAHOOニュースにYoutubeに関する記事が掲載されていました。

次回は、実際Your Galleryに登録してみたいと思います。

posted by takita at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | news | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。