2006年09月01日

Brett Whiteley

imageshimself.jpg

Brett Whiteleyは現在オーストラリアでもっとも尊敬されるアーティストの1人です。。彼はその叙情的表現主義と自由な表現方法で、オーストラリアのavant-grade movementの第一人者として知られています。数々の賞を受賞し、また、Tate Gallery(London), National Gallery of Australia(Canberra), Museum of Modern Art(NY)などの多くの著名なギャラリーにその作品が展示されています。

Green%20Mountain%20(Fiji)%20Brett%20Whiteley%20NSW%20Art%20Gallery.jpg

1939年シドニーに生まれ、7歳で既に最初のアートコンペで賞を獲得します。その後も順調にアーティストとしてのキャリアを重ねていきます。21歳の時彼はオーストラリアを後にし、ロンドンに活動の場を移します。1962年の第2回パリ青年ビエンナーレ展(International Biennale for Young Artists)でグランプリを受賞してから、彼の名前は全世界に広まることとなります。ちなみに、1969年第6回パリ青年ビエンナーレ展(パリ)版画部門では横尾忠則さんが「責場」でグランプリを受賞しています。

images1.jpgwhiteley_bacon_sm.jpg

この時期、彼の個展がオースラリア、フランス、ベルギー、イタリアなど、世界中で開催されていました。Whiteleyの絵は海外滞在中に急激な展開を見せることが多く、抽象的・流動的なスタイルが次第に描写的な手法に変化したり、sexやviolenceなイメージに結びつく絵を描いたりしています。また、ファイバーガラスや写真などの素材とのコラージュなどにも挑戦しています。

images2.jpg

70年の始め、WhiteleyはシドニーPotts Pointのアート集団The Yellow Houseの活動の中心また、avant-grade movementの中心として脚光を浴び、アーティストとして順調な活躍を見せていました。1974年ワシントンで開かれた世界万博でも彼の個展が開かれましたが、その時期のインタビューでWhiteleyはアルコール依存から薬物依存へと移行したと述べています。

images3.jpgimages4.jpg

しかし、その後も70年代から80年代にかけて様々な賞を受賞したWhiteleyは1978年にはオーストラリア人アーティストとしては初めてのSilman and Wynne art Prizes Archibald賞(オーストラリア国内でもっとも重要かつ名誉ある賞となっている)を受賞。また、1984年にも2度目の受賞を果たしています。晩年のWhiteleyはバリ、東京、イギリス、パリなど世界中を旅し1992年NSWのアパートでヘロインオーバードーズのため死亡しているのが発見されました。

0,1658,5229168,00.jpg

そんなWhiteleyの作品が8月29日、シドニーのSotheby'sのオークションで$2.04mで競り落とされ、オーストラリアの最高落札額を更新しました。しかし、その落札された絵の評価については様々な意見があるようで、「『Frangipani and Hummingbird』はWhiteleyの特徴である、青、花、鳥などの要素を取り入れてはいるが、作品としての完成度としてはかなり低い」と述べるものもいるようです。また、それを裏付けるように、Whiteleyは彼の最期の10年間に、病的ともいえるほどのコレクターが希望する商業画ばかりを描いており、その評価も様々で、今回の落札に関してオーストラリアでは多くの議論が行われているようです。

180px-Brett_whiteley_front_of_surrey_hills_gallery.jpg

かれの作品を縮小したBrett Whiteley Studio の入り口のドア
posted by takita at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | artist | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月13日

Christopher Polentz

christopher_roll_9_25.jpgchristopher_roll_3_25.jpg


Christopher Polentzは20年以上もの間、公民館や大学などを中心に様々な生徒に絵画を教えてきました。彼の名前で検索していると、大学教授の評価サイトの中に彼の名前発見。中身を良く読んでみると、生徒から大変素晴らしい評価を受けていました。1962年にカリフォルニア生まれ、大学を卒業後、1985年からフリーランスの画家として活躍すると同時に、先生としてのキャリアもしっかり重ねてきました。(実際、様々な生徒のサイトで今回の個展を告知されていました。)


chris_detail_6.jpg

その歳月の中で、彼は独自のペインティングスタイルを確立。Atlantic Records, Cobra Golf, MGM/UA, Mattel Toys, Las Vegas Flamingo Hiltonなどの一流企業の商業イラストとして採用されています。彼の絵は細かいブラシで、非常に細部にわたり描きあげるという方法で、その細かさは裸眼では確認出来ないほどというから驚きです。また、作品の仕上げとして、それぞれの作品にあったユニークな額を銅や錆付いた金属など利用して自分自身で制作しています。


chris_detail_5.jpgchris_detail_1.jpg


Polentzの作品には無垢な温かみを感じると同時に、何か穏やかでありながらも陰りのある作品のまなざしには何か隠された秘密が眠っているような感覚に教われます。3年の歳月を掛けて準備してきた今回の個展の作品には、Polentzが創る独特の空気感を感じることができる作品が12点展示されているそうです。


chris_detail_2.jpg



【期間】200年8月10日〜10月7日まで
【場所】Distinction Gallery and Artist Studios CA


posted by takita at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | artist | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月03日

Susana Raab

raab-babyfood-m.jpg

以前海外のアート関連のサイトを見ていた時に知ったSusana Raab(スサーナ ラーブ)。日本ではまだ知っている人が少ないのか?検索してみても資料がほとんどありません。旅やポートレートをメインに撮っている写真家なのですが、現在取り組んでいるプロジェクト「Consumed: Fast Food in the U.S.」(消費〜ファーストフード大国アメリカ〜)では,現在のアメリカを捉えながらも、ちょっと80年代な色彩のテイストを加えて、現在のことなんだけど、もう既に「過去」といった感じが好きです。また、一瞬の静を捉えた効果的な白の色使いがとても印象的です。

Susana Raabはペルーのリマで生まれ、数カ国の国を経てアメリカへと移り住みました。以前は文学を学んでいた彼女でしたが、Ohaio Universityでは写真を勉強。その後同大学を卒業してフリーランスの写真家となりました。その後、Peace Corpsのメンバーの一員としてモンゴルに移り、それからは活躍の場を現在のワシントンに移しました。

raab-playmate.jpg

New York Times、Time Magazine、Newsweekなど数々の表紙を飾り、そのほかにもピューリッツアー賞にノミネートされたり、White House News Photographers Association 2005で受賞するなど、活躍の幅を広げています。

Susana Raabのホームページでは彼女の過去の作品から一連の作品を見ることができます。下手な細工が何も施されていない彼女の作品、一度間近で見てみたいですね。

Susana Raabホームページ
posted by takita at 17:28| Comment(0) | TrackBack(0) | artist | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月01日

Daniel Hochstein

Hochstein.jpg

米国美術大学についての記事も引き続き続けていきますが、ここらで少々息抜き。海外のアーティスト紹介を始めていきたいと思います。主に、海外のミュージアムで展覧会を開催中であるか開催しているアーティストを中心に紹介していきたいと思うので,皆さんも是非海外に行く機会があれば参考になさってください。

Daniel H. Hochsteinは独学で学んだアーティストで、その作品は絵画、写真、素描、電子媒体などの多岐にわたる。Hochsteinはニューヨーク、Queensで生まれ育った。10代の早い頃からペンとインクでの素描を描きはじめ、現在ではアクリルや油彩、他のメディアと常に変化をとげている。

Hochstein2.jpg

Hochsteinは西ヨーロッパと北米を中心に旅を重ねその変化に富んだ人生経験がアーティストとしての創作活動の糧となっている。彼の作品はアメリカ、ドイツ、ロシア、オーストラリアでプライベートコレクションとして収集され、また、画集もThe New York Times, Bostn Globe, Art Business News等の有名な出版社から出版されている。

Daniel H. HochsteinのHP


Hochsteinの一連の作品には油彩、アクリル、チャ−コロール、グラファイトなどで描かれた、リアリスティックやシュールレアリスティックな作品が含まれている。このようなモチーフは、ストレス、孤独、など人間の一瞬の表情を読み取り「言葉では説明できない想いを表現したもの」だと説明している。

chubster.jpg

ニューヨークのMontaukで開催される12th Annual Juried Art Showでは彼の個展と同時に、オリジナルの作品が販売される予定。期間は8月19日と20日となっている。詳細はこちら→http://www.montaukmanor.com/events.htm


posted by takita at 05:26| Comment(0) | TrackBack(0) | artist | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月29日

Gajin Fujita, Pablo Vargas Lugo 〜Los Angeles Country Museum of Art〜

今回で9回目となるLACMAのContemporary Projectsシリーズでは、ラテンアメリカ美術のキュレーターであるIlona Katzweが企画したEast meets West。Gajin FujitaPablo Vargas Lugoの絶妙の組み合わせが話題を呼んでいる。

Gajin Fujitaは日本人を両親に持つイーストロスアンゼルス生まれのアーティスト。一方、Pablo Vargas Lugoはメキシコシティ生まれのアーティストで、彼の作品からは、日本美術に対する深い関心を感じることができる。強調されたラインと色使いがこの2人のアーティストを繋ているが、その作品に込められた思いは全く異なっている。

静かで瞑想的なVagas Lugoは、その優美なタッチで主に彫刻やコンセプチュアルな作品を手がけている。今回の企画では、切った紙で作成したおりがみを思わせる、複雑で抽象的なコラージュに初めて取り組んだ。彼ら2人の描き出す模様や形は、石を髣髴とさせるもので、その模様や形ははロックガーデンを思わせる形を形成する一部となり、また、「音楽」を作り上げる為の五線にちりばめた音符となる。

Fujitaのペイントでは、チカーノのリズムが伝統的な日本的モチーフに生命を吹き込んでいる。駆け出しのころに、グラフティアーティストとして活動してたころ、FujitaはEast coastのワイルドなスタイルとロスアンゼルスのバリオライティングの両方のグラフィックを習得した。そして、その鮮やかで迫力のあるグラフィックと鯉、着物の女性や日本の古典的なイメージを誇張して織り交ぜることで、彼独特の世界を造りあげている。

現在、両アーティストともに型にはまったカテゴリーの中で納められてしまっているが、彼等はそのような枠の中で収まるにはあまりにもスマートで、優れた技術を持ち合わせている。今後は、彼等が今までだれも成し遂げたことがないような賢くて、かっこよく、また魅力的であるこれからの新しい多文化主義を作り出してくれるに違いない。

〜From ARTnews MAY2006 -Peter Frank- 〜


日本的要素を兼ね備えた作品を作り出すPablo Vargas Lugo。ラテン的要素のグラフィックを描き出すGajin Fujita。自身のidentityとは異なる文化内で活動を続けるこの2人の作品を対象的に見比べることができるとは、とても刺激的な展示なのではないでしょうか?Pablo Vargas Lugoの作品を始めてみましたが、とても繊細で洗練された作品で驚きました。日本人として日本文化圏内で暮らしても、このような日本人の心までを表すような色使いと模様を表現することは難しく、また、それでいて西洋的なはっきりとした印象を残すテクニック。素晴らしいですね。

posted by takita at 04:24| Comment(0) | TrackBack(0) | artist | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月15日

Zhang Xiaogangが大成功した理由

つい最近まで、中国生まれの画家Zhang Xiaogangの画家としてのキャリアはさほどパッとしたものでもなく、堅実にキャリアを積み重ねていた。約1年前にMax Protetch Galleryで開かれた彼の個展では、一番大きな作品が$100,000を若干下回る程度の価格だった。しかし3月31日に開かれたSotheby'sのオークションで、その価値は一編した。ニューヨークのSotheby'sで開催された「中国現代アート」のオークションで、Zhang Xiaogangの絵画は$979,200という一作品のみ飛びぬけた高価格で競り落とされた。

これにより、Zhang Xiaogangは一夜にして$100万ドルの画家となった。”とても驚いた”とMax Protetch Galleryのオーナーは語る。"昨年の個展は完売で、価格もよくなってきているなと思っていた矢先。しかし、完売の結果、今は手許の彼の作品がひとつも無いとは・・皮肉な話だね。"

Sotheby'sの中国現代アートのスペシャリストXiaoming Zhangはこう語る。"つい昨年、私たちは価格が3倍にも跳ね上がっている現状を目の当たりにしている。”この突然の高騰は、投機買いとは対象的に「マーケットが本来の価値」を反映した結果とXiaoming Zhangは述べている。価格の急増が始まったのは2004年、Sotheby'sが中国現代アートのオークションを開催した年からことである。


Zhang Xiaogang
1958年中国雲南省生まれ。四川省の美術学校で油絵を学び1982年に卒業。中国国内外で活躍している。北京在住。symbolist-surrealistとして知られており、アバンギャルドムーブメントのメンバーである。彼の作品はピカソ、ダリに影響を受けていると言われている。




posted by takita at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | artist | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月05日

Damien HirstのNew Shark

イギリスのアーティストDamien Hirstは、現在£24mを稼ぎ出す為のプロジェクトに没頭している。Damienの象徴的な作品として有名な、死んだサメがホルムアルデヒドに浮かんでいる"The Physical Impossibility of Death In The Mind of Someone Living"(1991年)は過去何度も制作されている。このオリジナルの作品は、昨年アメリカのSteve Cohenに£7m($12m)で売却されているが、その後、同死んだサメをモチーフにした作品で新しく作成された"The Wrath of God"は韓国のSamsung Museumに£2.28m($4m)で売却されている。新しい"サメ"は1991年のオリジナルと比べると半分以下のサイズだが、今回もオーストラリアから運び込まれた。

明らかな派生作品のシリーズとしては、£2.28mで売却された"サメ"の作品と、£5.7mで売却された"保存標本された3匹の羊"がある。Hirst自身最近£100mの財産を築き上げたが、派生作品の制作により、彼の創造性が足踏みするリスクを認めている。”これらの作品以外では、もうどこへもいけないような気がする。これらの作品は良くできているし、いつも売れる。ただ、自分自身が前に進んでいるとは思えない"と述べている。

現在、メキシコのGaleria Hilario Galgueraで"The Death of God"と題した彼の個展が8月まで開催されている。その個展でも、彼の作品の売れ行きは好調だ。
"もし、イギリスでこのような個展を開いたら、『ずいぶん、ありきたりのショーだ』と批判の目にさらされるのは目に見えている。「死」と直接結びつく骸骨を描くのも、とてもありきたりである。しかし、表現やイメージが歴史と共に歩んできたここメキシコでは、骸骨ははかない人生を表したメタファーであると皆理解してくれる。もし、この個展を北米で開催することは難しかっただろう。それは、彼らが「死」をとても恐れているし、嫌悪感をあらわにする。それはまるで、攻撃されているような感覚に襲われる為で、骸骨を直視することすら恐れるからだ。簡単に言えば、ユーモアのセンスの欠落という以外のなにものでもないともいえるけれど"とHirstは語っている。
posted by takita at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | artist | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。