2006年10月24日

YouTubeのアートへの影響

Googleに買収されたり、その利用者の減少などが相変わらずニュースを騒がせているYouTubeですが、今回シカゴにあるRENAISSANCE SOCIETY では、現在個展が開催されているオランダの彫刻家Avery Preesmanの10分に渡るドキュメンタリーを制作し、それを9/17〜10/29までの期間限定でYouTubeに掲載しています。このドキュメンタリーはChicago Access Network Television と共同で制作されたもので、RENAISSANCE SOCIETYのディレクターであるSusanne Ghez、キュレターのHamza Walker、評論家のLawrence Rinderとの会話や、その制作に纏わる背景など様々な様子を納めています。

RENAISSANCE SOCIETY with Avery Preesman

画像処理技術の向上でインターネットやデジタル画像など、アート作品をその現場に足を運ばずともよりリアルな状態で見ることができるようになりました。しかし、作品の制作過程というものは現場に足を運んでもなかなか見ることができるものではありません。このYouTubeのような形で、ワンフィルターを置いたファインダーを通して作品や作家を事前に知ることによって、実際に展覧会に訪れる人にとっては、作品をよりリアルに、一歩踏み込んだ状態で感じることができるのではないでしょうか?

ギャラリーでは、ある作家の個展期間中に、その作家がいると告知した日には、来場者の数が通常の日よりも多くなります。その作品を鑑賞するのはもちろん、その作品を描いた人間がどのような人なのかということにとても興味があり、できればその作品に纏わる作家の言葉や、制作過程に触れたいという思いは、一人の作家の個展に足を運ぶという過程において、とても重要な要素なのではないかと思います。

今年の夏、汐留の日テレ本社で開催された"汐留ジャンボリー"というイベントで、ユキンコアキラさんというアーティストが、毎日定時にライブペイントを開催していました。回を追うごとにお客さんの数も増え、観客がその全てに引きつけられて
いる様子を目の当たりにしました。

ユキンコアキラさんのHP

ちいさなころに連れていかれた、デパートの"中国物産展"の会場で米粒に文字を書く人や、カッターの刃で絵を描く人、筆で墨絵を描く人などの前で足を止めで長いこと眺めていたのは私だけでしょうか?卓越した技術を持つその人の姿、雰囲気に吸い寄せられるのはとても自然なことで、そんな意味でも今回のようなYouTubeの利用方法は新たな可能性としてとても興味深いものだと思います。その作品や作家に対する思いを一歩踏み込んだ状態で感じることができるひとつのTOOLとして、今後も活用方法の可能性を探っていってほしいですね。Your Gallery ではすでにVIDEOアーティスト用に動画のUPLOADは可能になっているようですが、その活用方法として作家紹介としての制作過程が紹介されていたら面白いと思うのですが。。

そのほかYouTubeで見つけた輪派絵師団という日本のアーティスト集団による描画過程

輪派絵師1

輪派絵師2

輪派絵師3



posted by takita at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | museum | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月05日

謎の窃盗団エルミタージュ美術館を襲う!?

ロシアのサンクトペテルブルグにある有名なエルミタージュ美術館で、長年に渡り謎の窃盗団が200以上の品を盗み、その総額は$5mにも上ることが判明した。何年もの歳月を掛けて盗み出したとみられるその年月は、地元警察によると約30年近くといわれており、その手法が話題を呼んでいる。盗まれた品々の中には、宝石や高価なエナメルも含まれていた。窃盗品のほとんどを管理していた学芸員が、調査開始と同時に突然美術館で謎の死を遂げたことにより、エルミタージュ美術館では、美術館職員が窃盗団に含まれていたのではないかとの見解を示している。

世界で最も有名な美術館の一つに入るエルミタージュ美術館では、約250万もの美術品が1000以上の部屋に展示されています。「今回のこの騒動には様々な不思議な要素が含まれていますが、不幸にも、この一連の作業が美術館のスタッフを抜きに行えたとは到底考えられません。」と同美術館の広報は述べています。

今回の問題では美術館職員の間の仕事に対するおそまつな責任感や「重大な道徳的問題」が、根本にあるとみている。展示していない美術品は倉庫に保管されおり、学芸員のMikhail Piotrovsky氏によると、「倉庫に保管されている美術品には保険が掛かっていない。」と述べています。また、AP通信によると、美術館の多くの部屋では空調や警備施設が整っておらず、職員が窓を開けるなどして対応しているとも伝えています。

Rosokhrankultura文化保全協会のBoris Boryaskov会長によると、「我が国の誕生などにに関する重要な資料などが保管庫から消えるのは、決して今回が始めてではありません。」と語っています。エルミタージュ美術館には、1764年からエカテリーナ女帝がコレクションを始めた世界的にも有名な、フランドル派の印象画が含まれています。美術館では、今後は根本的な改革と経営方針の見直しを図ることが、今後のロシアの美術館経営が生き残れるかどうかに大きく影響すると語っています。
posted by takita at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | museum | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月18日

イギリスロイヤルアカデミーの失態!?

イギリスのRoyal Academy of Artでは、スレート版の上に小さな木が乗せられていたものをアート作品と勘違いして飾っていたことが明らかになった。このスレート版と木のスティック状のものは、イギリスの彫刻家Davis Henselによって制作された笑う人間の頭を支える役割を果たすためのもので、作品ではない。この作品は、毎年夏に開催されている公募展に応募されたもので、Royal Academyに送られてきたときには、頭の部分と、それを支えるスレート部分は別々に郵送されてきていた。それを、作品と勘違いして展示してしまったというわけだ。

”これらは別々の作品として審査されました。その結果、頭の部分は残念ながら審査を通りませんでしたが、ベース部分は評価に値する作品であった為に審査を通過しました。”とRoyal Academy側は述べている。

しかしDavis Hensel氏はこの結果に少々困惑気味だ。Hensel氏は
”今回の一連のやり取りの中で、Academyの特異な体質を見たような気がする。それは審査員の「目」のみならず、その作品というものに対する認識の薄さである。”と述べている。

この頭部の彫刻はHensel氏が2ヶ月をかけて制作したものだが、台座の部分は1日で完成したという。”台座部分が作品として見られることは素晴らしことだが、私自身、この台座を彫刻作品として考えたことは一度もない。”と、現在イギリス南部のUniversity College in Chichesterで教鞭をとっているHensel氏は言う。また、”今回のことで、『アートとは何か?』ということを、たくさんの人に考えてもらう良い機会になったことは歓迎すべき点だ”とも述べている。


天下のRoyal Academyでもこんな間違いを起こしてしまうんですね。どのように素晴らしい台座だったのか見てみたいです。絵そのものよりも額のほうが素晴らしいということもあるので、それと似た感覚でしょうか?それにしても、台座自体は粗雑なものだとは思いますが・・また、そこが評価された点だったのでしょうか?

作品を別々に郵送したから、分からなかったということは、データをきちんと管理できていなかったということにも繋がるような気がします。もし、それが本当なら、大切な作品を預かり管理する姿勢としては最悪ですね。
posted by takita at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | museum | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月14日

スミソニアン博物館が有料に?

滝の流れる音と,巨匠の描いた絵画に囲まれ優雅なひと時を過ごす。それはスミソニアン博物館が無料で、誰にでも開かれた場所であることが大きく影響している。そんなスミソニアン博術館に「入場料を無料から1ドルにする」という提案が米国議会から提出された。

スミソニアン博物館には毎年約2,500万人が訪れるので、単純に計算すると1人1ドルで$25 million(日本円で約30億円)の収入を得ることになる。スミソニアン博物館も今年の秋より約2年をかけて改装工事に入るアメリカ歴史博物館同様に、改装工事の話が持ち上がっている。

スミソニアン博物館の入場者数はここ数年減少が激しく、2000年には31.1millionだった入場者数も昨年は24 millionとなっている。人々は何故、このような機会を利用しないのだろうか?もしかしたら、博物館が無料であるということ自体知らないのではないだろうか?美術館や博物館という場所は、ただ単にアートや美しさを鑑賞するだけのものではなく、文化や他の世界へと続く知識を身近に体感し、視野を広げることのできる場所である。

シカゴ在住のMichelle Robleeはスミソニアン内にある、著名な船主であったFrederick Richards Leylandのロンドンにあった邸宅を再現した、Freer's Peacock Roomの前に立っている。Michelleは昼間、銀行のリスクマネージャーとして勤務しているが、本来はアーティストだという。ブルーとゴールドで豪華に彩られた部屋を目の前に、「ここに来て、刺激を受けることで次への作品のアイディアが生まれるの」と話している。また、「$1の入場料を高いとは思わない。けれど、スミソニアンに何度も足を運ぶ1つの魔法は、無料であるということ。」と語っている。

【Washingtonpostより抜粋】
posted by takita at 17:11| Comment(0) | TrackBack(0) | museum | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。