2007年01月22日

Sotheby'sでBanksyの作品が出展

banksy2.bmp

ブラーのアルバム『Think Tank』のジャケットのオリジナルが、オークションで6万2,400ポンド(約1,300万円)で売却されたり、パリス・ヒルトンのアルバム「パリス」の本物のジャケットをパロディしたものを、ロンドンのCDショップ48店に総計500枚を置き換えたり、アンジェリーナ・ジョリーが彼の作品を買い集めたことで話題になるなど、何かと話題を提供しているBanksyですが、2月にロンドンで行われるSotheby'sのオークションに出展されます。

昨年の10月に行われたSotheby'sのオークションでは総額£50,000以上を売上げ、一躍オークションシーンの寵児となったBanksy(バンクシー)ですが、その素顔は謎に隠されています。プロフィール等を一切公表せず、そのゲリラ的活動でいつも話題をさらってきた彼だけに、今回のSotheby'sの出展に関しても大きな期待が寄せられています。2月7日と8日の2日間に渡って行われる今回のオークションでは彼の7点の作品が出展される予定です。Sotheby's EuropeのChairman of Contemporary ArtであるCheyenne Westphalによると、「Banksyはとても刺激的なアーティストで、彼の作品を紹介できることはとても喜ばしいことです。Banksyは人の心を捉え、驚かせることに優れた才能があり、また、詩的であり、エネルギッシュでもあり、ユーモアも含んだ政治的メッセージを表現できる素晴らしい才能があります。」と述べています。

banksy1.bmp

今回出展される7つの作品は全て反戦争、反資本主義、反体制主義をモチーフにした作品となる。アクリルとスプレーペイントで描かれた、イギリス中部を爆撃している作品が今回出展される中でも最高値をつけており、その推定落札金額は£30,000-£50,000(700万円〜1,100万円)とされている。新聞誌の一面に描かれたこの作品は、2001年にベンダーから直接依頼されたというユニークなものである。その他にも、彼の作品としては珍しく裏面にサインがされており、ステンシル上にアクリルとスプレーで作られた「Precision Bombing」は推定落札額が£15,000-£20,000とされている。

また、今回のこのオークションではBrightonで活動しているストリートアーティスト、Antony Micallefの作品も初めて出展される。MicallefとBanksyは同じエージェントに属しており、彼も注目を集めている。BP/Amaco Portrait of the Year awards in 2000で2位に入賞した実力があるにもかかわらず、ポートレートから離れ、精密な素描をもって、より深く内面を探求した現代表現は、軽薄なPOPカルチャーの解剖された一面でもある。

Banksyの公式サイト
Antony Micallefの公式サイト

〜Jan,21 2007 artdaily.orgより〜
posted by takita at 03:32| Comment(0) | TrackBack(0) | auction | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/31870709
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。