2006年10月24日

YouTubeのアートへの影響

Googleに買収されたり、その利用者の減少などが相変わらずニュースを騒がせているYouTubeですが、今回シカゴにあるRENAISSANCE SOCIETY では、現在個展が開催されているオランダの彫刻家Avery Preesmanの10分に渡るドキュメンタリーを制作し、それを9/17〜10/29までの期間限定でYouTubeに掲載しています。このドキュメンタリーはChicago Access Network Television と共同で制作されたもので、RENAISSANCE SOCIETYのディレクターであるSusanne Ghez、キュレターのHamza Walker、評論家のLawrence Rinderとの会話や、その制作に纏わる背景など様々な様子を納めています。

RENAISSANCE SOCIETY with Avery Preesman

画像処理技術の向上でインターネットやデジタル画像など、アート作品をその現場に足を運ばずともよりリアルな状態で見ることができるようになりました。しかし、作品の制作過程というものは現場に足を運んでもなかなか見ることができるものではありません。このYouTubeのような形で、ワンフィルターを置いたファインダーを通して作品や作家を事前に知ることによって、実際に展覧会に訪れる人にとっては、作品をよりリアルに、一歩踏み込んだ状態で感じることができるのではないでしょうか?

ギャラリーでは、ある作家の個展期間中に、その作家がいると告知した日には、来場者の数が通常の日よりも多くなります。その作品を鑑賞するのはもちろん、その作品を描いた人間がどのような人なのかということにとても興味があり、できればその作品に纏わる作家の言葉や、制作過程に触れたいという思いは、一人の作家の個展に足を運ぶという過程において、とても重要な要素なのではないかと思います。

今年の夏、汐留の日テレ本社で開催された"汐留ジャンボリー"というイベントで、ユキンコアキラさんというアーティストが、毎日定時にライブペイントを開催していました。回を追うごとにお客さんの数も増え、観客がその全てに引きつけられて
いる様子を目の当たりにしました。

ユキンコアキラさんのHP

ちいさなころに連れていかれた、デパートの"中国物産展"の会場で米粒に文字を書く人や、カッターの刃で絵を描く人、筆で墨絵を描く人などの前で足を止めで長いこと眺めていたのは私だけでしょうか?卓越した技術を持つその人の姿、雰囲気に吸い寄せられるのはとても自然なことで、そんな意味でも今回のようなYouTubeの利用方法は新たな可能性としてとても興味深いものだと思います。その作品や作家に対する思いを一歩踏み込んだ状態で感じることができるひとつのTOOLとして、今後も活用方法の可能性を探っていってほしいですね。Your Gallery ではすでにVIDEOアーティスト用に動画のUPLOADは可能になっているようですが、その活用方法として作家紹介としての制作過程が紹介されていたら面白いと思うのですが。。

そのほかYouTubeで見つけた輪派絵師団という日本のアーティスト集団による描画過程

輪派絵師1

輪派絵師2

輪派絵師3





posted by takita at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | museum | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。