2006年10月16日

Pollock-Krasner財団奨学金

1985年の創設以来、Pollock-Krasner Foundationは総額4300万ドルの奨学金を66カ国のアーティストに与え、その活動を支援してきました。2005-2006年度は185人のアーティストへ合計$3,216,400の奨学金を1年間の活動資金として授与しています。そのリストには日本人の名前もあり、21年間続くこのPollock-Krasner財団の奨学金制度がいかに世界的に評価されているものかが理解できます。

Pollock-Krasner FoundationはJackson Pollockの未亡人であり、また、自身もabstractアーティストとして活躍したLee Krasnerの寄付によって始まったものです。その内容は、アーティストが新しい作品を制作するために、その画材、アトリエの家賃、また、個人費用や医療費までもをカバーするもので、アーティストが制作に集中し、プロとして活躍する為の費用を奨学金として授与しています。また、同時に。この奨学金を受賞することでの優れたアーティストとしても評価されることになります。


【応募概要】
Pollock-Krasner Foundationでは年間を通して応募を受け付けていますので、応募期限はありません。この奨学金は国を問わず、絵画、造形、版画など紙を媒体として活動しているアーティストが対象となります。応募者は純粋にアーティストとしての活動資金を必要としている人を対象としており、その期間は1年間となります。奨学金は制作の関連する費用、画材、アトリエの家賃、また、個人費用や医療費まで支給しますが、その金額や期間はアーティスト個人の状況によって異なります。


【奨学金利用規制】
この奨学金は商業アーティスト、写真、映像、パフォーマンスアーティストまたはこれらに順ずるアーティストは対象としていません。また、学究者も対象としていません。

Pollock-Krasner Foundationは過去の債務、弁護士・法廷費用、土地の購入、引越し代金、設備費用、委託料や他人からの依頼による制作などの支払いに対して支給されるものではありません。また、若干の例外を除いては、旅行費用に対しても支払いは致しません。


【選考方法】
選考委員会から選ばれた、各分野の著名な審査員による選考を行います。アーティストは、カバーレター、申込書と現作品のスライドを提出します。応募資格を満たし、選考書類と作品を提出した応募者は全て選考の対象となります。その後の手順については、Pollock-Krasner Foundationから直接指示があります。審査期間中に財務資料の提示を求められる場合があります。


【再申請手続】
応募者は合否に関わらず、何度でも奨学金に申請できます。ただし、提出する作品のスライドは以前提出されたものではなく、新しいもののみ受付ます。緊急の事情を除き、再申請には12ヶ月の待機期間が必要です。応募者が最期に応募してから12ヵ月後、または、奨学生は最期の奨学金の支給から12ヵ月後から申請が可能となります。


【申請方法】
■カバーレター
■英文履歴書
■申込願書
(願書のダウンロードはこのページ の左側の"DOWNLOAD AN APPLICATION"から行ってください)
■現在の作品のスライド
*写真、CD-ROM等は受け付けません。
@回転スライドに用いられる5.1X5.1cmの35mmスライドを10枚
A各スライドには名前、制作年、作品名、サイズ、手法を記載する。
Bスライドの上下、左右等の記載
C10枚のスライドのリストとその詳細を記載した用紙

応募者も多く競争も激しいので、クオリティの高い状態のスライドを送ってください。また、10枚のスライドの中に過去の作品を含め、最新の作品を強調することをお勧めします。

上記を揃えて、

The Pollock-Krasner Foundation,Inc.
863 Park Avenue
New York, New York 10021

へ郵送してください。その際には必ず郵送者の住所を記載するようにしてください。記載のない郵送物は応募作品として受理致しません。

The Pollock-Krasner Foundationサイト



今まで紹介してきたコンペ、奨学金としては一番条件のよいものだと思います。過去の奨学金給与者の中には日本人が何人も含まれていました。申し込む英文書類もさほど多くありませんし、準備するものスライドのみ。また、参加費用もかかりません。しっかりとした財団の素晴らしいこの機会を是非利用してください。
posted by takita at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | competition | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。