2006年07月27日

米国美術大学留学 その2

■専攻
私の通っていた大学では、アートの専攻だけで下記の12種類ありました。アートと音楽に力をいれていた学校だったので、他の総合大学に比べてもかなり数の多いほうです。アートの基礎(歴史・基礎技法・PCなど)までは、全員が同じ科目を学びますが、後半各専門に分かれると各学部ごとに教室が分かれていて、その各スタジオで勉強します。(スタジオの汚さに関しては全世界共通。また、締め切り間際に寝泊りするアーティストの卵たちがうようよ寝泊りしています。)漠然とアートを学びたいと思っている学生は、アートの基礎を学んでいる段階で興味のある授業を受け、その中から後半自分が専門として学びたい学科を選択できます。なので、入学当初から専攻を決める必要が全くありません。

実際私も入学当初はインテリアデザインを学んでいましたが、様々な科目を取得した中で、版画(銅板)と染色に興味を持ち、その2教科を専攻とするダブル専攻にしました。ダブル専攻とは、1専攻で必要とされる単位は約130単位。その中で基礎過程と呼ばれる一般教養の選択授業が約半分。残りの半分がアートならばアートの専門授業ですが、その中でも半分の半分(全体の1/4)はどのアートを専攻したとしても取得しなければならないアートの基礎の授業となります。そのため、残りの1/4が本当に専門を学ぶ授業となるのですが、その1/4の部分だけを私のように、PrintmakinとFibersを取得すれば両方の専門を学んだことなるのです。卒業証書にはBFA(Bachelor of Fine Art)と記載され、その中に何を専門にしたかが記載されます。

●Art History (美術史)
●Ceramics (陶芸)
●Communication Design (コミュニケーションデザイン)
●Drawing and Painting (油彩・水彩)
●Fashion Design (ファッションデザイン)
●Fibers (染色・織物)
●Interior Design(インテリアデザイン)
●Metalsmithing and Jewelry (宝飾)
●Photography (写真)
●Printmaking (版画)
●Sculpture (彫刻)
●Visual Arts Studies (teacher preparation) (視覚伝達)


■単位
卒業するには約130単が必要となります。そのなかの約半数である60単位はアート関連の単位となります。1教科の授業が約3単位。通常1セメスター(1学期)に取れる単位は4-6教科となるので合計12-18単位となります。実際、1学期に無理してたくさんの単位を取得し、夏休みも単位をとれば3年ちょいで卒業することも可能です。ただし、アメリカの授業では詰め込み式の授業で学ぶことは何も無い!と言った風潮が強く、また何か後に社会にでて役に立つことを学んでから卒業したい、という学生が多く、また、ほとんどの学生はバイトとの両立であることから、3年で卒業する学生はほとんどいません。逆に、一度社会にでてから大学に戻ってくる人も多く、仕事、家庭、大学を両立させる為に、無理せず7年かけて大学を卒業した!なんていう人もざらに存在します。

また、専門教科のプロジェクトとなると、実際に企業の雇用担当者が学校にやってきたり、実際就職先として候補となるような企業にお邪魔してその担当者の前で自分の作品をプレゼンテーションします。私の場合、JCPENNYという大手リテーラーの繊維部門担当者の前で、実際自分がデザインしプリントした生地をプレゼンしました。その中で、自分をどのように企業に売り込む課などを学んでいきます。私はダメでしたが、実際そのプロセスの中で作品が買い取られた例もあったようです。
これは、面接の際にも役立ちましたし、そのようなやり取りの中で様々な人とのコネクションが出来てくるので大変有意義なものでした。


■授業内容
各専攻ごとに授業形態はまちまちです。コミュニケーションデザインなどは様々な画像ソフトを学ぶと同時にデザインの勉強もしていきます。プロジェクト単位に課題を納め、その中で、地元企業からの依頼で広告制作などを請け負い生徒に募集をつのり、採用された生徒にはきちんと報酬を与えるようなプロジェクトも多くあります。

その他、版画・染色・彫刻・陶芸などひたすら手を動かして作業を進めていくものは、各フロアにあるスタジオで黙々とプロジェクトをこなします。通常1セメスター(1学期が約4ケ月)の中で出されるプロジェクトは7-8回。そのたびに新しい技法を学びながら作品の制作に励みます。通常授業内で制作が完了する場合はほとんど無く、締め切り間際になると、夜中にだんだんとスタジオにこもる生徒数が増えてきて、最終日などが他の専攻と重なると2-3日平気で泊まっている人も珍しくありません。


■学校内外の交流
ともかくアメリカの大学は実社会で役に立つような教え方をするので、地元の企業や地元社会と密接に関係しています。例えば、大学近所の画材店が集まっての共同公募展が年に1回開かれます。もちろん賞金も出るので参加する学生も多く、出展作品は大学構内の美術館に作品が展示されるというメリットもありかなり盛り上がります。例え入賞はしなくとも、無料で作品を発表でき、他人に見てもらえる機会ができるという意味では大変意味のある公募展です。また、地元に密着しているので、地元のカフェが新たらしいロゴキャラクターを探していて、ちょうどそれに合う作品を見つけた場合は、直接その作家と交渉してその権利等も含め購入することができます。もちろん大学には学生にはまだ難しい交渉や、契約等に相談に乗ってくれる窓口もあります。

教授人も実際アーティストとして活動している人が多く、地元のギャラリーを中心によく教授たちの個展やグループ展が開かれていました。プロジェクトの締め切り間際になると、教授たちも頻繁に生徒の様子を見に大学に足を運ばなければならず、その時間が持ったえないということで、私たちに混じって自分の作品を制作していました。そんなやり取りのなかで、どのギャラリーがどんな作家を探しているだとか、今度こんな公募展があるだとか、様々な情報交換の場ともなるのです。



posted by takita at 21:11| Comment(1) | TrackBack(0) | school | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
とても為になりました。私は英語がかなり苦手なんですが、大丈夫でしょうか…。入学試験はないのでしょうか?お勧めの所とかはありますか?沢山質問してしまってすいません。
Posted by 岡田涼子 at 2009年04月13日 22:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。