2006年06月13日

タカエズトシコ展 〜The Hunterdom Museum of art 〜

The Hunterdon Museum of Artでは、2006年8月までタカエズトシコ展が開催されている。タカエズトシコはハワイで沖縄出身の両親の間に生まれ、日本の生活様式の中で少女時代を送りました。タカエズ氏は50年以上もの間西洋と東洋の美をクレイを通して表現し続け、そのの仕事は「日本の伝統と西洋の美学を融合したもの」として位置づけられています。ミシガン州Cranbrook School of Artでアートを学び始めてから、国内外の美術館やギャラリーで定期的に陶芸作品を発表し続けています。

プリンストン大学の元講師でもある彼女の作品は、Metropolitan Museum of Art in New York, Smithonian Institution, The Museum of Fine Arts in Boston, National Museum in Bankokなどの美術館にもコレクションとして購入されている。これらの名誉に加え、ハワイの人間国宝にも指定されている。


posted by takita at 18:49| Comment(0) | TrackBack(0) | exhibition | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。