2006年06月01日

Saatchi Galleryがネットで新たな人材発掘サイトを開設 @

Arctic Monkeysはラジオやレコード会社の後押しなしに、インターネット発信のMySpaceからの口コミだけ大人気となった。(MySpaceとは、簡単にいうと、インディ・シーンで活動するバンドがデモ音源を公開→ライヴ情報を公開→Blogにてバンドの近況を綴り、インターネット上でそのバンドの音楽から活動までを知る事ができるというもの。)

そして今回、イギリスのSaatchi GalleryのパトロンであるCharles SaatchiがMySpaceと同じ手法で、アーティストが一連の作品や活動を報告できるサイトを立ち上げた。他のディーラーやコレクターから、「思わぬ幸運」と評されるそのサイト"Your Gallery"(http://www.saatchi-gallery.co.uk/yourgallery/)では、世界中のアーティストの作品と共に、経歴や連絡先などを掲載できる。

Your Galleryで掲載されている作品には販売手数料が全く掛からないということで、あるディーラーは本物の作品を見ずに、既に£100,000以上も費やしたという。このサイトは約1ヶ月前から開設され、現在1,750人のアーティストが登録しており、毎日140万件以上ものアクセスがある。

現代アートの世界的先駆者であるBernard Jacobsonによると、彼もこのサイトを通じて既に何点かの作品を購入したという。「素晴らしいサイト」と、Jacobsonは言う。いつもはある程度名の知れた作家の作品ばかりに目が行ってしまい、なかなか新進気鋭の若いアーティストの作品を見る機会が少ないなか、Your Galleryでは、何時でも彼らの作品を見ることができる。「私自身が歩き回って新人を探すことはもうしない。優秀なスタッフが探してきてくれる。しかし、必ず私の目に適うものでなければならない。このサイトではその2つが同時に叶う」とJacobsonは述べている。



Your Galleryのサイトをチェックしてみました。
基本的にだれでも登録できるシステムのようで、ビデオ作品も投稿できるようです。掲載されている作品もピンキリ。しかし、アクセスが140万とはすごいですね。
ただ、このYour Galleryのサイトに関して英国内ではかなり批判的な意見もあるようで、誰でも参加できるという点を問題視しているようです。現在の参加アーティストの数は1800弱。日本人らしきアーティストもちらほら見かけましたが,そのほとんどが海外在住の日本人アーティストのようです。

登録料無料。販売手数料なし。という、ギャラリーにとっては自殺行為のようなサイトにも思います。根本的な狙いが何処なのか、いままだ私自身理解できませんが、興味深い内容のサイトなので、今後も追っかけてみます。

このYour Galleryに関しては,続きがあるので次回もまた掲載します。
今後の動向がとても気になるサイトですね。



posted by takita at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | news | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。