2007年02月19日

School of Art Summer Residency Program 2007

The Cooper Union School of Artでは今年で5回目をなる2007年度Summer Residency Programへの参加者を募集しています。これはアート、デザイン界で有名な同大学が、若い才能豊かなアーティストに夏期5週間ニューヨークに住み、居住スペースとスタジオをあらかじめ用意し(費用はかかります)、集中的にアートを学んでもらおうというプログラムです。その結果、NY滞在期間中に得た実力と知名度の向上を利用し、今後の活動に役立ててもらうというものです。

用意されるスタジオはセミプライベートとなっており、その他にもグループディスカッションや、著名なNY在住キュレーターによる批評や講義などが受講できます。滞在先はスタジオの向いにある低価格なCooper Union Residence Hallで近くにはEast Village,Soho,Noho,Chelsea Galleryなどに囲まれアートを学ぶには刺激的な環境となっています。このプログラムは、今後アーティストとして活動するにあたり、集中的なスタジオワークを通してニューヨークに在住するほかアーティストや評論家、ギャラリストなどの様々な人の意見を取り入れたいという方にはよいプログラムだと思います。もちろん海外からの応募の可能です。ただ、料金が5週間で50万円以上となり、NYへの渡航費、食費なども含むと100万円以上かかるので、時間とお金に余裕のある方向きかもしれません。ただ、既に5回目ということ、下記にあるような実際NYで活動しているアーティストの生の意見や感想を聞ける機会なので、今後世界を視野にいれて活動していきたいアーティストにとっては英語勉強も兼ねてよい勉強の場になるかも知れません。

例として、2006年のゲストとしてこのプログラムを訪れたのは下記のような方です。(2007年度のゲストはまだ発表されていません)
Matthew Benedict, Susanna Coffey, Steve DiBenedetto, Margot McLean, Danica Phelps, and David True, critics Jerry Saltz and Peter Schjeldahl, gallerist Zach Feuer, and renowned scholar James Hillman

■プログラム詳細
5週間のプログラムとなります。

【授業料】$3,800.00(約45万円)
【住居費】$1,200.00(光熱費込み)(約14万円)
【募集締切】2007年3月23日
【合格者への通知】2007年4月10日
*合格者は5月4日までに授業料の一部を支払わなければなりません。
【Summer Programの期間】2007年6月13日〜7月14日
【応募方法】
・応募用紙(こちらよりダウンロードしてください)
・応募費$25.00(Cooper Union宛てパーソナルチェックのみの受付となっています。募集に興味のある方はご連絡ください。チェック以外の送金方法を直接確認してみます。)
・履歴書
・Cooper Union滞在中の何を学び得たいのかの目標を1ページにまとめて提出。(プリントと写真志望の方は使用する器具とどのような技術で作品を創作するのかを記載すること)
・10-20枚の作品のスライドまたはデジタルポートフォリオ(日付、メディア、サイズを記入)
・自身の住所、氏名を記載した応募時の書類すべてが収まる切手付返信用封筒
・自身の住所、氏名を記載した返信用はがき(書類を受理した際にCooper Unionから郵送されます)


下記の書類を揃え、郵送にて応募してください。
インターネットでの受付はしていません。
The Cooper Union, School of Art
30 Cooper Square, New York, NY 10003
Attn: Summer Residency Program
posted by takita at 03:05| Comment(0) | TrackBack(0) | competition | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月14日

"Best of the year 2007" by Marziart International Gallery

ドイツのハンブルグにあるMarziart International Galleryが主催するコンペ「Best of the year 2007」で参加者を募集しています。18歳以上の方ならだれでも参加可能で、対象メディアは写真、絵画、彫刻(インスタレーションを除く)となります。才能あるアーティストにその活動をドイツでも知ってもらう為、ギャラリーでの展示も無料(通常420ユーロ)となります。

■カテゴリー
絵画/写真の方は下記の5つの中から選択してください。
Landscape、Cityscape、Still Life、Portrait(People)、Abstract

彫刻の方カテゴリーの制限はありません。


■受賞者
受賞者は2007年4月17日以降に通知される予定です。各カテゴリー(上記5カテゴリ)から1名と彫刻からの最優秀者には各自の5-8作品(サイズによる)がギャラリーで展示され(展覧会詳細は下記参照)、ギャラリーのサイトにも1年間その作品が掲載されます。詳細に関しては後日各自に通達がくるそうです。


■審査員
Annett Matthiesen, ギャラリーオーナー
Franziska Seifert, 彫刻家、画家
Marion Zimmermann, 画家、ギャラリーオーナー


■展覧会
Marziart International Galleryにて2007年5月25日〜6月7日まで開催されます。5月25日に行われるオープニングパーティーで受賞式が行われます。ギャラリーへの作品の搬入に掛かる費用はアーティストの負担となります。


■保証と販売契約
ギャラリーでの展示期間中作品は保険にてカバーされます。展示中に販売された作品の20%は手数料として徴収されます。


■DM
DMはギャラリーで作成し、50枚は受賞作家に渡される予定です。また、展示はいくつかの雑誌等で告知予定です。


■応募方法
こちらの申込書から情報を送信してください。
・写真、絵画作品は幅100cm以内
・最低5作品のイメージをjpegファイル(600pix)と

出品カテゴリー
タイトル
技法
作品サイズ
制作年月日

を明記しcompetition@marziart.comにメールまたは、

Marziart International Gallery
Eppendorfer Weg 110-112, 20259 Hamburg, Germany
に郵送してください。

・応募費用は30.00ユーロまたは40.00米ドルとなり5作品をエントリーできます。(1作品追加ごとに5.00ユーロまたは5.00米ドル)支払はこちらからpaypalまたはクレジットカードで可能です。


■応募締め切り
2007年4月15日


まずはこのコンペを主催するサイトを見て、出品する自分の作品はこのギャラリーの”カラー”にマッチするかどうか確認してください。いくら素晴らしい作品でも、主催側の求めるものと明らかに違う場合は時間とお金の無駄になりかねません。
posted by takita at 05:58| Comment(0) | TrackBack(0) | competition | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月03日

第26回 現代美術国際交流展ニューヨーク 2007

第26回現代美術国際交流展ニューヨーク 2007(英文標記:Le 26th ARTEX NEW YORK 2007)という公募展がJCAA(Japan Contemporary Art Association)というところが主催で開催されます。JCAAのHPだけでは、この団体がどのような団体で、具体的にどのような活動を行っているのかという詳細情報が不足なのですが、今井俊満氏を中心に創立されてから21年間、海外7都市での巡回展など、現代ア-トによる国際交流に力を注いでいるとの記載があります。HP上にある電話番号に電話を掛け、詳細を伺おうとしたのですが、あいにく留守番に繋がってしまいました。また、トップページの一番下にある3404-4844の電話番号は使われていない番号でつながりませんので、何か問合わせがある場合には3721-0900へかけてみてください。留守電でも、「JAPAN現代アート協会です」と名乗ってらっしゃるのできちんと存在する団体です。審査が通った方はNew YorkのWard-Nasse Galleryで2007年4月28日(土)-5月3日(金)の期間、展覧会が開かれます。

■第26回 現代美術国際交流展・ニューヨーク 2007
会員以外の公募作家の第一審査は2007年2月23日に行われます。それまでに下記3点をJCAAに郵送、またはメールしてください。

【作品のカテゴリー】ペインティング、版画、CGアート等(但し現代アートに限る)
@第26回ARTEX NEWYORKの写真審査を希望と明記の上、氏名/住所/電話(ファックス)番号/e-mailアドレス/画歴を記入
A選考料¥3,000 の 振込控 (コピー可)
B作品写真2点以上 ー作品がわかるプリント写真や印刷物(E-mailにてご郵送の場合はjpgまたはgif形式)必ずしも出品作品である必要は無い。写真は返却不可。

2007年2月9日(金)までに申し込むと、選考料が10%引きになるそうです。
公募展の詳細に関しては、日本語でHP上に記載がありますのでご確認ください。
JCAAのホームページ

【問い合わせ先】
JCAA(コンテンポラリーアート協会)
〒145-0071 東京都大田区田園調布2-34-6 山見マンション205
Tel/Fax:03-3721-0900
E-mail: webmaster@jcaa.gr.jp




posted by takita at 20:18| Comment(3) | TrackBack(0) | competition | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。