2006年04月27日

北京で過去最大規模の検閲

中国の検閲は現代アートというものを全く理解していないが、何が気に入らないかだけは完全に周知している。北京では今月始めから、中国警察と情報省が過去最大の取り締まりをダーシャンツ国際文化保護地区で行っている。政治的問題を扱ったと思われる作品を撤去するようすでに3つのギャラリーに言い渡している。

この取締りの対象作品には、病的に顔が黄色い毛沢東が、血の色に染まった長江で水浴びをしているGao Qiangの油彩や1989年の天安門事件を子供が描くようなタッチで棒状の兵士や戦車が人々を射殺している場面を描いたWu Wenjianのイラスト作品などが含まれている。

ダーシャンツ国際文化保護地区の住人たちは、ダーシャンツが以前兵器工場から世界的にも現代アートの最先端地区へと変貌を遂げたこの3年間にこのようなことはおこらなかったと語っている。

Xindong Chenギャラリーは昨年10月に行われた「Charm and Sttength - 毛沢東と中国現代アーティスト」での展覧会で、この検閲による最初の展覧会閉鎖言い渡された。オーナーであるChen Xindongは「25年間に及ぶ経済改革後、中国がいまだにこの作品を受け入れない状況に驚いた」と話している。また、「彼らは素晴らしい現代画家であり、中国以外の世界中がそれを認めているのに」とも語った。


この検閲の基準が明確ではない。もしこの検閲を分析するならば、私的、公的な問題に関して描くにはほぼ自由だが、公共、政治的問題は検閲にかかるということかもしれない。ダーシャンツのギャラりーでは、ヌードやSEXに関する写真などは問題なく展示しているが、平面に描かれた政治的指導者は検閲官にとって厄介なものでしかないということになる。

中国で外国人として初めて現代アートギャラりーをオープンしたBrian Wallaceは、「ダーシャンツ地区ができる以前は私たちのようなギャラりーは3件しかなく、99%のアーティストはその作品を発表する場がなかった」と語った。彼の仕事は常にこの検閲に影響されてきた。2年前は1989年天安門事件の後、左手の小指を切断しその後、その切断した指を文化革命の理想的な光景として陳列したSheng Qiの個展が閉鎖を命じられた。しかし、この禁止令が人々の興味をかえって集める結果となり、Shengの作品がその後何ヶ月にも渡りギャラりーで最も売れる画家となった。

1990年に彼のギャラリーをはじめてオープンした時と比べると、その雰囲気は向上しており、「10年前は検閲官は何も言わずに作品を取り上げていたが、今では引き剥がす前には丁寧に断りを入れるようになった」とWallance氏は述べた。
posted by takita at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | news | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月23日

イギリス史上最大の盗難!!

今年2月1日に不動産業を営むHarry Hyams宅から盗まれた美術品の総額が約£80mに上り、イギリス史上最大の盗難事件として世間を騒がせている。最近新聞で話題になったケント州 Tonbridgeでセキュリティーデポジットが盗難事件の£53mを上回る金額となっている。

当初の報告ではウィルトシャー州Ramsbury Manorでの損失は£30mと報告されていた。しかし盗難にあった美術品を詳しく調べると、その歴史的価値なども踏まえその金額は£80m近くに上るだろうと予想される。

3月25日には約140点のHyamsの所蔵品が、Ramsburyからや約100マイル離れたBlack Hillの利用されていない地下倉庫から発見された。警察の報告によると、今回発見された作品の中には、Benjamin Vulliamy作によるマントル時計や、バンセンヌのシノワズリー作品、中国漢王朝時代のタンカードなどほとんどは陶磁器だった。

少なくとも絵画、銀製品、時計、気圧計、陶磁器を含む200の芸術品がまだ発見されておらず、その中には1992年にHyamsによって£275,000で購入され、輸出許可の手数料などで話題となったDaniel Delanderの気圧計も含まれている。この品は、イギリス国内の個人購入者が、輸出額と同額で購入できるというRidley Rulesによって最初に購入された作品である。

Myams氏は著名な美の鑑識家としても有名でまた、その貯蔵品の多くは美術館レベルの作品といわれ、窃盗犯にとってはその美術品よりもMyams貯蔵作品の盗難が目的となっているようだ。彼のコレクションはとても細かく文書化されており、盗難作品を売買するのはとても難しい状況と言えるだろう。警察の捜査はまだ進んでおり、Black Hillでの発見が今後の捜査により拍車をかけることが期待されている。

【The Art Newspaperより】
posted by takita at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | news | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月21日

ギャラリーの売上はオークションの売上の5倍!?

先月明らかになった調査によると、2004年度のフランスのギャラリーでのフランスのアートギャラリーの売上がオークションの売上の5倍だったことが分かりフランスのアートディーラーは喜びより驚きの色を隠せなかった。

この結果はフランスのギャラリー協会(French Comite Professionel des d'ART《CPGA》)の会員である375人のうち230人の回答をもとに調査されたもので、その回答によると2004年度の各ギャラリーの売上は640ユーロ($768m)に上り、アートオークションの売上の127ユーロ($152m)を大幅に上回った。「”多少の誤差”を踏まえても、その差は驚くべきものだ」とCPGA会長であるPatric Bongersは述べた。

しかし、調査に参加した41%のギャラリーが税務局の目を恐れて売上高を記入しなかったケースもあり、その''多少の誤差''がかなりの額に上る可能性がある。

2大オークションハウスであるChristie'sとSotheby'sは、毎年何百億相当の美術品を海外に輸出しており、単純に国内での売上に対する数字を比べることは難しくもある。噂ではChristie'sは年間120mユーロ($144m)相当の装飾美術品や著名作家の絵画作品を輸出しているといわれている一方で、CPGAの売上は主に近代・現代アートとから成り立つものであり、この結果が想定外として驚かれた理由のひとつとなっている。また、約88%のギャラリーが現在の仕事に満足しており、72%がギャラリーの将来は明るいと見ている点も想定外の結果となっている。

通常アート市場の大きさはオークションを基準とした結果のみで測られることが多いが,この調査によりギャラリーの売上が通常考えられている数字よりも大きな割合を占めることを表した結果となっている。

【The Art Newspaperより】
posted by takita at 18:26| Comment(0) | TrackBack(0) | auction | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月18日

artKudos国際公募展 募集要項

artKudosでは下記の日程と要項で2006年度の公募展への参加者を募集しています。

【期限】
2006年5月31日まで

【参加資格】
18歳以上なら誰でも参加可能。アクリル、油彩、水彩、パステル、プリント、写真、degital art、彫刻、混合媒体、ガラス、クレイ、ファイバー(衣類を除く)。ジュエリー、クラフトを除く。提出作品は作家の手で作られたオリジナルの作品に限り、コピーや、第三者により撮影されたものや、手を加えられたものを除く。

【審査員】
2006年度はShannon Richardsonを審査員を迎える。Shannon Richardsonはオレゴン州ポートランドのPacific NW College of Artを優秀な成績で卒業し、その作品はアメリカ、ドイツ、イタリアなど広く知られている。現在はMartha's VineyardのEisenhauer Galleryのアートディレクターとして、また、オレゴン州ポートランドのBlackfish Galleryのオーナーとしても活躍している。

【賞金】
選考作品は2006年8月15日から開催される同サイトで発表され、その中から最優秀作品には$800が授与され、計$2,400の賞金が審査員によって授与される。

【販売手数料】
掲載される作品は公募展を通じて販売することを奨励します。その場合の販売手数料は一切かかりません。掲載作品を販売しない場合は、作者の連絡先を掲載することも可能です。

【作品提出方法】
参加料$30.00を支払い、1作家3作品まで提出可能です。彫刻と立体作品に関しては1作家2作品までとします。作品は35mmスライド、JPEG画像、写真のいずれかで提出してください。オリジナルの作品は提出しないでください。現物に近い色調等が確認できるクオリティの高い画像を提出してください。返信用封筒に住所と切手を貼って提出作品と共に同封すれば、スライド、写真、CDを返却します。

【審査結果】
最終選考を通過した方には2006年6月30日までにご連絡します。この公募はあくまでもオンラインの公募展となるので、最終選考に通過してもオリジナル作品の提出は求められません。最優秀者は8月15日に行われるオープニングセレモニーで発表されます。

■順序

@下記のエントリーフォームに必要事項を記載し
A出展作品の画像を送信
B出展料の$30.00を支払う

*出展料の支払方法は、Paypalかチェックとなりますが、通常日本から出展される場合はPaypalのみとなります。

下記リンクからエントリー用紙に繋がります。英文記載等で質問のある方はコメント欄にご記入ください。あなたが分からないところは、きっと他の方も疑問に思う箇所ですのでやり取りはコメント欄で公開します。


artKudos公式サイト
http://www.artshow.com/artKudos/prospectus.html
posted by takita at 18:39| Comment(0) | TrackBack(0) | competition | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月14日

スミソニアン博物館が有料に?

滝の流れる音と,巨匠の描いた絵画に囲まれ優雅なひと時を過ごす。それはスミソニアン博物館が無料で、誰にでも開かれた場所であることが大きく影響している。そんなスミソニアン博術館に「入場料を無料から1ドルにする」という提案が米国議会から提出された。

スミソニアン博物館には毎年約2,500万人が訪れるので、単純に計算すると1人1ドルで$25 million(日本円で約30億円)の収入を得ることになる。スミソニアン博物館も今年の秋より約2年をかけて改装工事に入るアメリカ歴史博物館同様に、改装工事の話が持ち上がっている。

スミソニアン博物館の入場者数はここ数年減少が激しく、2000年には31.1millionだった入場者数も昨年は24 millionとなっている。人々は何故、このような機会を利用しないのだろうか?もしかしたら、博物館が無料であるということ自体知らないのではないだろうか?美術館や博物館という場所は、ただ単にアートや美しさを鑑賞するだけのものではなく、文化や他の世界へと続く知識を身近に体感し、視野を広げることのできる場所である。

シカゴ在住のMichelle Robleeはスミソニアン内にある、著名な船主であったFrederick Richards Leylandのロンドンにあった邸宅を再現した、Freer's Peacock Roomの前に立っている。Michelleは昼間、銀行のリスクマネージャーとして勤務しているが、本来はアーティストだという。ブルーとゴールドで豪華に彩られた部屋を目の前に、「ここに来て、刺激を受けることで次への作品のアイディアが生まれるの」と話している。また、「$1の入場料を高いとは思わない。けれど、スミソニアンに何度も足を運ぶ1つの魔法は、無料であるということ。」と語っている。

【Washingtonpostより抜粋】
posted by takita at 17:11| Comment(0) | TrackBack(0) | museum | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月13日

The Artist's Magazine's 23rd Anual Art Competition

世界でも有名なアート雑誌である「The Artist's Magazine」が世界中から作品を募っています。プロ・アマ、作品のメディアも問いません。この「The Arist's Magazine's 23rd Annual Art Competitionでは合計$25,000(日本円で約300万円)の賞金と共に今後世界中にその作品が公開されます。

参加カテゴリーは下記の5つ
■Portraits and Figures(肖像/人物画)
■Still Life(静物画)
■Landscape(風景画)
■Animal Art(動物画)
■Experimental(その他)

各カテゴリーの最優秀者には賞金$2,500(日本円約30万円)、2位は$1,250、3位は$750授与されます。最終審査に残った10名は2006年12月号の「The Artist's Magazine」で紹介され、その他12名も毎月「The Artist's Magazine」のwebサイトで「今月のアーティスト」の特集で毎月紹介されます。

その他、16歳以上の初心者(描き始めて2年未満)と学生を対象にした部門も設けられており、賞金は$150、$75、$50となっています。こちらの賞金受賞者も2007年1月の同雑誌の中で紹介されます。

いずれもオリジナルの作品のみ対象となり、締め切りは5月1日となります。


「The Artist's Magazine」は米国で発行されているArt雑誌でも老舗の感があり、保守的なイメージがありますが、それだけしっかりした場で紹介されることは、それだけ世界への扉も開かれる機会が多いということにも繋がるのではないでしょうか?

下記リンクからエントリー用紙に繋がります。英文記載等で質問のある方はコメント欄にご記入ください。あなたが分からないところは、きっと他の方も疑問に思う箇所ですのでやり取りはコメント欄で公開します。

エントリーフォーム
http://www.artistsmagazine.com/2006_entryform.html




posted by takita at 14:55| Comment(0) | TrackBack(0) | competition | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月12日

Google Doodles Competition

GoogleUKでは英国内の4歳から18歳までの学生を対象に,Googleのロゴに英国を象徴するような装飾を施すコンペを主催した。Googleではこれまでにもゴッホ、モーツアルト、フランク・ロイド・ライトの誕生日には各個人にちなんだ装飾をGoogleのロゴに施し''Google Doodles''(いたずらロゴ)として親しまれてきた。

過去のDoodleロゴはこちら
http://www.google.com/holidaylogos.html

Google Doodleのほとんどの装飾を手がけてきたのは、カリフォルニア在住のDennis Hwang。Hwang氏によると''Googleはリサーチや学習の道具として既にUKの子供たちにも親しまれている。このGoogle Doodles Competitionを通じて改めて自国の価値観などを見直し、紹介するよい機会だと思う''と述べてる。


ロゴ自体にキャラクターを持たせ、季節感などを表す。
初めて見たときは『なんだろう??』という感じでしたが、視覚ですぐ入ってくるのに慣れてしまった今では、逆に『今日は○○の日なんだ』と気付かされることが多く、それが楽しみでもあります。
イギリスだけでなく、日本でもぜひやって欲しいですね。

このような形でインターネットを通して、身近にアートを感じることのできるツールがもっと増えるといいですね。
posted by takita at 08:36| Comment(0) | TrackBack(0) | competition | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。